その後、平城宮跡へ。
平城宮は710年に遷都した平城京の大内裏で国の特別史跡に指定されているそう。

もう夕方だったので着いた頃には勿論何もやってなかったですが、着くなりその広さに驚きました。
どのくらい広いのか想像もつかない程広大でそのほとんどが塀に囲われており、土地が広過ぎて街灯やお店等明るい場所までの距離が遠くなってしまい辺りは真っ暗でちょっと恐いくらいでした。
調べてみると平城宮の総面積は東西約1.3km×南北約1kmの約120haだそうです。。。




建造物は↑写真の第一次大極殿と、




↑すっっっっっごい遠くに見える朱雀門のふたつしか確認できなかったです。
(どちらも復元)

794年の平安京遷都後は放置され次第に農地になり一時は跡形もない程になったようですが、現在はほぼ本来の平城宮跡地が指定され保存されているようです。。。
詳しい事はよくわかりませんが観光案内によると、現在発掘が3割ほど行われ今のペースで行くと発掘が完了するのは100年後だとか。。。
そこから復元していったら、朱雀門(1998年竣工)、第一次大極殿(2010年竣工)のペースで考えると…平城京全体の復元完成を見る事は難しそうですね。。。
完成すごい見たかったなぁ…。



Written by mariel