朝食を食べ、前日中に入らなかったので、マドリッド王宮に再び。
中は撮影できませんでしたが、かなりの部屋数が開放されていました。

部屋ごとにテーマがあって、それぞれかなり細かい装飾がほどこしてあり見応えがあって面白かったです。
いかにもヨーロッパのお城という雰囲気の部屋が大多数でしたが、アジア(中国)っぽい部屋もありました。

身近な景色ではないので、ここで本当に暮らしていた人が居ると思うと不思議。
特になっがーーーーーーいダイニングテーブルは、まるで映画のよう。





Written by mariel