こちらも訪れておきたかったミュージアムのひとつ、香水博物館。
アロマセラピーとはまた違いますが、香水ができるまでの関連物が展示されていて、
中でもアンティークの調香オルガンを楽しみにしていました。

歴史を感じるパッケージのデザインなども展示されていて、
中には日本がモチーフのデザイン(でもところどころ中華風)もあって面白かった。
ミュージアム内の撮影は一切禁止されていますが、
入場は無料で入口で日本語のガイドをいただけます。
この博物館はパリに2箇所あるらしいので、次回はもう1箇所の方へ行くのと、
妹が南仏にあるここの工場を見学してとても良かったと言っていたので、
そちらも訪れてみようと思う。



Written by mariel