高速バス停留所から船乗り場まで2kmあるそうで、船乗り場までのバスは1時間に1本。
時間が合わないと徒歩で移動になる。
私たちは徒歩で向かったが、誰も歩いていないし案内もなかったので、乗り場まで結構時間がかかった。

うずしお汽船の運行は、00分と30分発の30分毎。
最も大きな渦が見られるという、この日の干潮が12:10。
12:00発の船に乗りたかったけど、港に着いたのは12:02…。
「間に合わなかったか…」と、次の船(※干潮の前後1時間は大きな渦が見られる)に乗ろうと思ったとき…





「早く早く! 走って〜!!」
と、案内所のおばちゃんが手招きして叫んでいる。
言われるまま走って乗船口へ。

「はぁ〜間に合った〜」
「間に合ってないけどね(笑)! お金は後でいいから、乗って乗って!」

私たちが見えたので、待ってくれていたんですね。





無事出航。
おばちゃん、船のみなさん、ありがとう!





Written by mariel