お昼の時間も過ぎて、落ちついているかと思ったけど満席。
名前を書いて離れている人も居るので、私たちは5組目くらい。




 
15〜20分くらい待って中へ。
食べたい物があり過ぎて悩む…。




 
店内に大きな水槽があって、注文の都度ここから出していた。
水槽の目の前の席だったのですが、魚をあげるたびにスタッフの方が「水が飛んだらすみません。」とエプロンを広げガード。




 
海鮮丼と迷ったけど、今回は初めてなので色々楽しめそうな”あらし御膳”を注文。
大きなお盆に乗ってかなり色々出て来た。





写真だと普通の定食の大きさに見えるけど、わかめの味噌汁だけで丼くらいの大きさ。




 
いろんな魚介類からとった出汁と、噛みごたえのある名産のわかめ。





刺身の臭みのなさ、弾力と噛み応えは今まで食べてきた物とは別格。
さすが瀬戸内海の荒波に揉まれているだけあって、身の引き締まり具合が違う。





海老と野菜の天ぷらも。

お腹が空いていたので、完食!
これはさすがに東京では食べられないだろうなぁ…。
これを食べるためだけに、また徳島に来たいくらい!





Written by mariel